アニメ関連のお仕事を探している人の特徴とは

いまや世界中で親しまれている日本のアニメ。日本国内でも、大人から子供まで幅広い年代から愛されています。そんな日本を代表する文化となったアニメに関係する仕事は数多くあります。直接的に制作をするのが脚本家や演出家、アニメーターや音響、声優などです。また、間接的に携わる仕事で商品開発や販売管理、ウエブ制作などがあります。では、どのような人がこの職種を目指すのでしょうか。絵を描くことが好き、ものを創り出すことが好き、自分の感性を表現したい、など色々あると思いますがなにより「アニメが好き」ということが一番のきっかけになるのです。そのため、必ずしも絵が上手く描けたり、手先が器用な人がアニメ関係の仕事に就いているのではありません。幼いころから憧れていたアニメに関わりたいという人が多くいるのです。

アニメ関係の仕事で必要なこととは

それでは、アニメの仕事ではどのような人材が求められるのでしょうか。この業界では、制作に関わる人すべてが技術職といえます。そのため、当然画力や創造力などその職種にあったスキルはなくてはならないものです。ですが、アニメの制作において、ひとりですべてをやることはありません。多くの職種の人たちによって、ひとつの作品が創られるのです。ですので、技術力や創造力、表現力はもちろん必要ではあるのですが、コミュニケーション能力も重要になってきます。直接制作に関わらない人とも連携をとることもあるのです。その上で、責任感があることが求められます。納期やノルマを守ることができないと、ほかの部分を担っている人の仕事が出来なくなってしまいます。忙しい時でも、真摯にアニメに向き合い、みんなで協力していける人が向いているといえます。

アニメ関係の仕事に就くためにやるべきこと

さて、アニメ制作の仕事に就くといっても職種はたくさんあることは知っていただけましたでしょうか。そこで、まずは自分がどのような職種に就きたいか、自分に合う職種は何かを知りましょう。そのためにやりたいことを見つめ直すとともに、その職種はどのようなものかを調べる必要があります。自己分析が重要になるのです。そして、アニメが好きという気持ちを持ち続けてください。「好きこそものの上手なれ」の言葉のとおり、好きなことであれば技術の上達も早くなります。スキルを上げていくのは地道な作業も多いですが、忍耐強く、向上心をもってやることで好きなアニメに関わる仕事に就くことができます。技術、適性、気持ちがあれば、アニメという素晴らしい日本の文化を発信する一員として活躍できるでしょう。