手早くアニメ関連のお仕事に就きたい人オススメです

手早くアニメ関連のお仕事に就きたい人は、アニメグッズの販売をしている会社に就職という方法もあります。服飾の販売員は服飾の、飲食の販売員は飲食の関係者ですから、同様にアニメグッズの販売員もアニメ関連のお仕事ともいえます。次にアニメーターの手配、発注を行うプロデューサーのアシスタントという仕事もあります。アニメーターや声優、音声、撮影、監督と多くの方たちのスケジュール管理や、円滑な人間関係のたえに動く大切な仕事です。またスマホゲームにもアニメが多用されており、そのゲームのユーザーの情報や、こちらからの情報を流すなどの仕事もあります。アニメそのものではなく、それに関わる補助などの仕事は、入社できれば手早くアニメの仕事ができ、会社としても制度が整っており、休日や給与もしっかりもらえます。

アニメ作りに直接かかわる仕事に就きたい人に向けて

アニメ作りに直接かかわる仕事がしたい方は、直接アニメ制作会社に作品と履歴書をもって採用試験を受ける方法があります。アニメ制作に明確な資格はないので、最低限の技術が認められれば入社できる可能性は高いです。そして声優という仕事は、養成所や専門学校に行って声優になるルートを作る必要があります。これは学校で技術を学ぶことができても仕事を取るには実力と運が必要になるからです。最近は声優を目指す方が多くなり、実際に仕事ができる枠に入れない人が多くなっているからです。まさに役者の世界ですので、実力と運を兼ね備える必要があります。これらのことを考えると、アニメ作りの仕事に就くための近道は、専門学校に入り、少しでも役をもらうための場所や、アニメ制作会社との関係が深い場所に近づいておくということです。

アニメの仕事に関わりたいと思っている方たちに向けて

声優はアニメのキャラクターや作品の数によって人数が限られていますし、いきなり主役に抜擢されるほどの実力が無い限り、いきなり仕事としては成り立たないことは多いです。現在活躍されている有名な声優の方たちも、仕事が無い時期が多かったり、声優という仕事が、役者よりも下に見られていたりと、よい境遇では無かった時代から、アニメを支えていた方がたです。しかしアニメーターは常に人材を求めています。絵はどんどん綺麗になり、CGを使ったアニメも増えていますので、より細かい作業も多くなり、人材はより多く確保できればと考えています。アニメ関係の仕事は、まだまだ立場が弱いといわれています。それでもアニメの世界にあこがれを抱く方たちにぜひ頑張って、日本の文化のひとつとして立場のある仕事として定着させてほしです。